コピー機のリース契約で注意したいこと

コピー機のリースは便利なシステムで、広く日本に普及しています。2~3年以上の長期契約をするのが特徴で、これが1日単位で借りられるレンタルとの違いです。最新機種を提供されることが多く、これは大きなメリットではありますが、コピー機のリース会社によっては残債がある状態で契約変更を持ち掛けてくるケースがあります。新しいプランで契約した場合、旧契約の残債は消滅しません。

これを知らなければ二重ローンのようになってしまい、支払いに苦労することになります。残債を上乗せして契約を組みなおす方法もありますが、支払い総額は大きくなるでしょう。コピー機のリースを利用する際は、いかにお得なプランを模索するかが重要です。契約期間に比例してリース利率も変動するのが一般的であり、長期契約をすれば利率は低くなります。

それゆえ長期契約のほうがお得と認識する会社は多いですが、契約期間が長期化すれば支払い総額は増えます。契約をする前に利率と総支払い額を明確に把握し、損をしないようにしてください。お得なプランだと勧められても、お得になるのは自社ではなく相手会社だというケースは少なくありません。コピー機のリース以外の選択肢には、レンタルや買い取りなどがあります。

重要なのは自社にとって何が一番好都合で、費用対効果がよくなるかです。毎日のように大量コピーをするのであれば、購入したほうが安上がりかもしれません。また超短期の利用であれば、レンタルを選ぶのが得策でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *