コピー機リースにおける制限

コピー機といえばいまではコンビニエンスストアやスーパーマーケットなどのさまざまな場所に設置されるようになっており、コインを入れればすぐにでも利用できるのが便利です。もっともこのようなコイン式のコピー機はあくまでも一般家庭や学生などの需要を想定しており、仕事のために使うには、やはりこれら以上のスペックをもつ製品が必要ですし、オフィスのなかに設置されていることも不可欠です。しかし最近のコピー機は高性能化しているため、なかなか安価に購入ができないのは難しいところといえます。そのため購入だけにとらわれるのではなく、リース方式のような別の方法を考えてみるのもひとつの方法です。

リース方式の場合にはメーカーから購入する場合とは違って、いくつか制限となる事項がありますので、あらかじめ知った上で検討するのがよいといえます。たとえばリースの契約をするにあたっては事前に審査が求められており、なおかつ契約期間は数年間にわたり、途中での解約は認められないことなどが挙げられます。したがってイベントや仮設店舗などでの短期間の利用は想定されておらず、個人事業主なども審査で使えないおそれがあります。逆にこれらの制限をなくしたい場合には、レンタル方式などの別の方法を選択するほうがよいこともありますが、契約期間中のトータルでの料金はかならずしもリースよりも安くなるとは限りませんので、その点は考慮に入れておく必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *