コピー機はリースにするのがおすすめ

オフィス機器の中でも、一番ランニングコストが掛かるだけでなく、故障により修理する事が多くなるのがコピー機です。このコピー機は、定期的なメンテナンスをしないと故障が多くなる傾向にあります。そのため数年間は保証期間がありますが、それ以降は毎回メーカーからの出張費や修理代が掛かるだけでなく、古いコピー機になると部品の製造が無いために、修理するのに時間も費用も余計に掛かってしまうのです。そのような中で今どこの企業でも積極的に取り入れているのが、リース契約をメーカーと結んでコピー機を使用する方法です。

そうすることである程度の期間はコピー機を使用することが出来て、その期間が過ぎてしまったらそれを返してまた新たなリース契約を結ぶというかたちになっています。この点でのメリットは双方にあります。まずリース契約をするメーカー側は、メンテナンスに掛かる時間が削減される事で、メンテナンス部門の人件費を削減することが出来る事です。一方でリースを結ぶ使用側としては、ある程度の期間で新しい機器に変わる事によって、インクの節約やコピーするスピードが速くなったり、それまで無かったホチキス留めや、ソート印刷等が出来るようになっていたりという、仕事がやりやすくなる機能が追加されていたりして、作業効率が格段にアップするということが挙げられます。

このようにリースというのはメリットが凄く大きい有益な契約であると言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *