コピー機をリースする事のメリットとデメリット

コピー機のリースはオフィスを構える会社にとって一般的となっています。どんなにデジタル化が進んだとしても、データのプリントアウトは必要な作業になっている為、コピー機が必須アイテムになるでしょう。普通のプリンターを買うなり個人用の複合機を使う手もなくはないのですが、まずネットワークに繋いで複数からのデータのプリントアウトが出来ませんし、出来たとしても複雑な回線の設定が必要になります。また、個人用でレーザープリンターというものはなかなかないので高く付いてしまい、それならば専用のサービスからリースした方が良くなるのです。

コピー機をリースしてあれば、まずプリントアウト、そしてコピー、スキャニングとFAXの送受信が可能になります。プリントアウトは一般的なコピー機でB4ぐらいまでは対応していて、小さいところではハガキサイズまで手差しで可能なので自由度が高くなります。何故リース契約が主流なのかと言えば、これだけ高性能なマシーンを毎度購入するのが企業にとってもコスト高になるからでしょう。最新機種は100万円以上しますし、それを購入してしまえばいいと考えがちですが、2年もすると型落ちしてしまい、コストパフォーマンスが悪くなります。

その点、リース契約にしておけば2年ほどで契約満了、また新しいマシーンを借りる事が出来ます。こういった仕組みは上手く出来ていて、やはり資材の補充やメンテナンス、複数台必要な時などの対応で、専用のサービスを利用する方がメリットが大きくなると言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *