コピー機をリースで導入するメリット

コピー機を導入するときに、負担になるのが経費です。コピー機は仕事をする上でなくてはならないOA機器のひとつですが、気軽に使うことができる反面、本体価格は高額で購入には多くの経費が掛かります。コピー機をリースで導入することによって、初期費用が掛からないことがメリットです。初期費用を掛けずにコピー機を導入して仕事をすることができるため、お金を運転資金や他の初期投資に回すことができます。

また月々の支払いを経費として扱うことができることも、メリットです。月々の支払いは、月額制になっているので料金が固定でランニングコストを把握しやすくなります。所有権がリース会社にあるので、減価償却の手続きや固定資産税の計算などが発生せず、ランニングコストを経費として扱うことができるのは大きなメリットです。リースの場合には、メンテナンスをしてもらうことができるというメリットもあります。

自分で定期点検を手配したり、不具合が急に出た時に予定外の大きな出費になることを防ぐことができ、リース会社から定期的に点検が来たり、不具合の時にも連絡をするとすぐに来てくれたりします。コピー機が使えないと仕事が滞ってしまうことも多いので、スピーディに対応してもらうことができるというのは、会社にとって大切なポイントとなります。最近では在宅勤務や自宅で起業する人が増えてきており、個人でもメリットの多いリースを便利に利用する人が増えてきています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *