コピー機リースの仕組み

コピー機のリースの仕組みは長期的にコピー機を借り受けることを指します。同一のような仕組みでレンタルと言う仕組みがありますが、レンタルは短期間コピー機を借り入れる仕組みになりますので厳密には異なる貸出法になります。リースの利点は長期間借り受けることで段々と複合機の借り受け料金が減少していくという利点があり、長期間借りれば借りるほど利用料が安くなるので利点です。しかし、デメリットもあります。

レンタルの場合、借り受け期間が短いが故新しい副業気を借り受けることが出来るのが利点になりますが、リースの場合借用期間を過ぎなければ新しい副業器と交換することが出来ず、交換を望む場合別途契約をする必要があるのです。つまり2つの契約が進行してしまい、古い契約期間がなくなるまで契約は継続され、新しい契約をした場合においてはその契約が切れるまで継続して利用をしなければならず、簡単にコピー機を交換してもらえるという契約ではないのです。しかし、それを補う利点をリースの場合メンテナンスと言う形で対応をしているのでレンタルとは異なる利点があります。レンタルの場合、複合機のメンテナンス費用は借り受け側が持つことが多いのですが、リースの場合は貸出側の会社がメンテナンス業務を一任するため、メンテナンス費用は掛からないという利点があります。

つまり、長期運用する場合においてはこちらの借り受け手段のほうが利点が多くメンテナンスをも委託することが出来るのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *