コピー機のレンタルの特徴

コピー機を会社などに置く際にコピー機自体を買うと高額なお金がかかります。

そこでコピー機をレンタルすることや、リースのどちらかにするかなどで悩むと思います。簡単にリースとレンタルの違いを挙げるとレンタルの方は初期費用などの保証金や配送料や設置設定費用が掛かったり、また、借りる時にも中古の物か旧型の中古しか使うことができません。逆にコピー機をレンタルするメリットを挙げますと、こちらは短期で使うことができたり、借りる際に審査の必要がないので比較的早く導入することができるのですぐに使いたい人などにはリースとよりこちらの方が、すぐに借りることができるので良いと思います。

また、こちらの方だと中途解約ができるので、自分が好きなタイミングで解約がすることができます。また、コピー機の印刷速度が速いほど月額の費用が高いことがあったりするので、レンタルするときやリースするときも同じような傾向です。月額料金は基本的にリースに比べると高いので、借りるさいは短期の方が向いています。

しかし、メリットもあります。例えば、この支払いを会社の経費にすることができるので節税効果があったり、減価償却の手続きなど、面倒な事務処理が必要ないあと短期的に使う場合には向いています。短期的に使う時は、イベントなどのように限られたときにしか使わない場合にはこちらの方が良いです。なので、リースにする場合は、必要期間によって考えること大事でその境界線は3年を目安にした方がいいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *