コピー機レンタルなら審査不要

コピー機はメーカーから直接購入するとかなり高くつくことがありますので、別の方法を利用したほうがはるかに効率的です。

その方法にはリースやレンタルがあり、たしかに所有権はリース会社かレンタル会社持ちとなってはしまうものの、実際にそれが問題になることはほとんどありませんので、経済的な負担の少ないほうを選ぶならばリースやレンタル以外にはないといってもよいでしょう。リースであればメーカーを自由に選べる上に最新機種をわずかな負担で導入することも可能ですが、そのかわりに事前に審査を受けてパスしなければなりません。

大企業であれば審査について心配がなく、他の方法よりも割安なリースはぜひとも導入したい方法ですが、個人事業主や中小企業はこの審査の段階で引っかかってしまうおそれがあります。個人事業主や中小企業で経済的に負担の少ない方法でコピー機を導入しようとするのであれば、コピー機のレンタルがもっともよいといえます。

審査が不要なのはレンタル方式の最大のメリットであり、リース方式では審査にパスしないと契約さえ不可となってしまう問題を解決することができます。もちろんリースの審査をパスできるようであればあえて選ぶ必要はありませんが、その場合もリースは数年間の継続的な契約が求められ、原則として途中解約は認められておらず、もしもそれよりも短い期間で契約を打ち切る場合には、残債にみあった多額の違約金を請求されることは考慮したほうがよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *