コピー機レンタルとリースはそれぞれ利点がある

コピー機はリースと比較して、レンタルの方が縛りがないので利用しやすいです。

リースは残債務が残っていれば、途中で解約しようとするとその残額を一度に支払わなければなりません。その点、レンタルはあくまで毎月の利用料金で利用する形をとっており、代わりに機種を買ってもらう仕組みではないので、残債務という概念がなく、いつでも解約でいます。また、長期利用だと高くなるとは言われている物の、最近は月額料金がリーズナブルに収まるサービスも存在しているので、意外と長期利用でもお得です。

もちろん、短期利用だとわざわざ高額な費用を出してコピー機の購入をしなくても用意レンタルの方が圧倒的にお得になります。コピー機は、五年以内に故障や買い替えの問題が起こることも多く、リースだと残債務の支払いをしなくてはならなくなってかなり負担が重いです。新しい機種を使いたいと思った時、レンタルならすぐに解約して別の機種に乗り換えられるので、柔軟性も高くなります。

ただし、レンタルはコピー機が基本的に中古で、ラインナップがいくつかあったとしても、在庫がない場合もあるので選択肢の幅は狭いです。あまり機種にこだわらない場合はさほど大きなデメリットとは言えませんが、機種を選びたいという場合は新品から選べるリースの方が良いことになります。どちらもメリットとデメリットがあるので、比較して自分の環境にふさわしいと感じられる方を選ぶのが良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *