コピー機のレンタルとリースにおける審査について

オフィスにコピー機を導入する方法のひとつにレンタルがあります。

この方法は機材を所有しないので、機材を購入してオフィスに設置した場合にかかる減価償却や固定資産税などの支払いとそれに伴う手続きが必要ないため、手軽に機材を導入できるのが大きなメリットです。機材を所有せずに使用する方法としてリースという選択もありますが、リースはサービスを受けるために審査が必要になるため、利用できる企業が限られるデメリットがあります。

リースにおける審査は会社の業績や継続年数、会社やその代表者の過去の返済記録、代表者の年齢や業種などさまざまなポイントを評価基準と照らし合わせて行われます。機材のリースを行っている企業によって審査の厳しさはまちまちですが、設立間もない企業で胸を張って申告できるほどの業績がなかったり、過去に滞納してしまった経験があったりする場合には、リースの審査に通らない可能性が高いのです。何らかの理由でリース契約が結べない人にとって、コピー機のレンタルサービスは頼もしい存在です。

レンタルなら基本的に審査のハードルが低く、場合によっては審査自体が不要なこともあるので、上記のような人でも比較的簡単にコピー機を借りることができます。また面倒な審査がない分、リースよりも契約から機材導入までの空白期間が短く済むこともコピー機レンタルの魅力のひとつです。リース契約の審査に落ちてしまった人や審査に自信がない人、もしくはとにかく早くコピー機をオフィスに導入したい人には、レンタルサービスの利用がおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *