コピー機レンタルをイベントで活用

現在のように社会が複雑多様化すると、ひとつの会社だけで仕事を回すのではなく、他の業種業態の会社とも協力しながらクオリティの高い製品をめざす動きが盛んになってきます。

そこで全国各地にある展示場では異業種交流会などが開催されたりすることがありますし、そのほかにも新製品や自社の得意分野の製品などを発表し、販路を拡大するための見本市なども開催されています。このようなイベントはたいていは数日か数週間程度の短いものですが、企業として参加したい場合にはブースを設置して、そのなかで製品の現物や説明パネル、映像などの提示を行うのが普通です。

ブースのなかにはコピー機などを設置しておくと、ブースに興味をもって立ち寄る客があった場合に、資料をコピーして手渡すなどのさまざまなサービスができますので、たいへん便利になります。イベントのような短期間の需要であれば、コピー機を新規で購入するのはコストパフォーマンスの観点から適切ではりません。

このような場合にはレンタル方式を活用するのが最適であり、日割り計算の安価な費用を支払うだけで、多くの機能をもつコピー機を使用することができます。レンタルの場合には搬入・搬出といった作業はレンタル会社のほうで代行してくれますし、トナー切れの際の交換やその他故障が起きた場合の修理などのメンテナンスについても、メンテナンスパックのようなものがあって低料金でいっさいをまかせることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *