コピー機はレンタルは有事に強い

コピー機の導入はリースとレンタル、そして購入の3つの選択肢があります。

どのプランが最適なのかは考え方によりますが、不確定要素も考慮したうえで選ぶことが大切になります。事業に取り組むからには、売り上げを伸ばすことに加えコストやリスクを最小化し、純利益を生み出すことを優先しなければなりません。リースは月額コストはレンタルより安めとされますが、期間中の解約が認められておらず、どんな不確実な事象が起きても料金を支払い続ける必要があります。

これは、ある意味リスクと捉えることができます。購入についても、不測の事態が発生し不要になった場合、売却できれば良いですが、そうとも限らないのでやはりリスクになり得ます。今後、コピー機を導入する際は、このような視点についても考えなければなりません。コピー機のレンタルを利用すれば、柔軟な対応が可能になります。例えば、突如、オフィスをコンパクトにしなければならないような事情が発生した場合には、容易に契約を解消することができますし、大きな複合機からコンパクトな複合機に変更することも可能です。

このような機種の変更に取り組めば、月額コストが大幅に下がります。一般的に、コピー機のレンタルはリースよりも料金が高いと敬遠されがちですが、近年では良心的な価格のサービスも登場しています。「他社よりも高い場合には相談してください」とPRするサービス会社も登場しており、価格競争が確実に発生しています。有事に備え、コストを下げる努力を行ってみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *